サラリーマンやOLの方はスーツを着なければなりませんよね?

しかも、どんなに暑くても・・・。

ワキガにとってコレは大問題です。

一つ間違うと、オフィスや取引先に「毒ガス注意報」が発令され、大きな迷惑をかけてしまいます。

そこで今回は、ワキガの人がスーツを着ても臭くならないよう、アドバイスをして行きたいと思います。

 

ワキガの人がスーツを着る際の注意点

ワキガの人がスーツを着る場合は、まずスーツの素材に注意してください。

ワキガの人は天然素材のスーツを着よう!

ポリエステルやナイロン素材のスーツは避けよう!

スーツには色々な素材のものがあります。

  • 綿
  • ウール
  • シルク
  • キュプラ
  • ポリエステル
  • ナイロン

・・・ですが、ワキガの人は、スーツの素材には注意が必要です。

ポリエステルやナイロンなどの「湿気を逃がさない」素材は避けるべきです。

ムレムレになってしまいます。

安物のスーツは、ポリエステルやナイロンを使っていることが多いので注意が必要です。

ワキガの人のスーツ・・・夏は「麻」か「綿」、冬は「ウール」で決まり!

ワキガの人は、なるべく湿気を逃がしてくれる素材のものを着ましょう。

夏は麻か綿のスーツ、冬はウールのスーツを着るのです。

これでしたら、年間を通して蒸れずに快適に過ごせます。

 

スポンサーリンク



スーツを脱いだらワイシャツに汗ジミ・・・この悲劇を避ける方法

・・・ところで、スーツを脱ぐと、ワイシャツに汗シミが広がっていることがありますよね?

こんな悲劇を起こさないための、脇汗対策をお知らせします。

ワイシャツの素材に注意!

時々、ワイシャツが汗でベトベトになっている方を見かけます。

これはワイシャツの素材が悪いことが多いです。

ポリエステルやナイロン素材を使っているワイシャツはとにかく蒸れるんです。

ワキガの人は、綿か麻のワイシャツを着るべきです。

ワイシャツの下には、Tシャツを着用しよう!

サラリーマンやOLは、タンクトップの上に直接ワイシャツを着るパターンが多いと思います。

しかし、これだとワイシャツにダイレクトに腋汗が染みこんでしまいます。

そこで、タンクトップではなく、中にTシャツを着ることをオススメします。

「タンクトップ+ワイシャツ」ではなく「Tシャツ+ワイシャツ」と言うファッションにするのです。

そうすればTシャツが腋汗を吸い取り、ワイシャツのシミを防いでくれるのです。

汗をかいたら、中のTシャツをマメに変えること!

ワイシャツの中は汗を沢山かきます。

そこで、Tシャツが腋汗を吸ったら、その都度Tシャツを交換してゆきましょう。

ワキの臭いがワイシャツに転写される前に、そそくさと着替えるのがポイントです。

そうすれば、ワキガの臭いは外に漏れず、オフィスの治安は守られます。

Tシャツの色は「白」、生地は「薄いもの」が基本!

これはワキガとは関係ありませんが、ワイシャツの中に着るTシャツの注意点も挙げておきます。

白いワイシャツの中に、色や柄のついたTシャツを着ると、色や模様が透けて見えてしまいます。

また、生地が厚いTシャツだと、ワイシャツにそのフォルムが浮き出てしまいます。

どちらもカッコ悪いですよね?

と言うわけで、ワイシャツの下に着るTシャツの色は無地の白そして、Tシャツの生地はなるべく薄いものを使いましょうネ。

※色物のワイシャツの場合は、そのシャツの色と同系色のTシャツであれば問題ありません。

追記:インナー付ワイシャツについて

先日、東京シャツのインナー付ワイシャツを着てみました。

ワイシャツの内側に肌着素材がついています。

また、ワキの部分には小さなワキパッドがついています。

これなら、中にTシャツを着る必要がないので便利です(///ω///)♪

以下の記事もご参照ください。

 

・・・と言うわけで

ワキガの人にとって、スーツ着用は本当に困ります。

しかし、上記のような点に気をつければ万全ですよー(^◇^)