ミョウバンで「ワキガ対策」を試みたのは20代の頃です。

ワキガにはミョウバンが効くという話を知ったのがキッカケです。

東城 百合子さんと言う自然療法で有名な先生の本に書いてあったんです。

 

家庭で出来る自然療法 東城百合子

ミョウバンで腋臭対策をしてみよう!

ミョウバンは、なぜワキガに効果がある?

ミョウバンは、古代ローマの頃から、既に消臭材としての地位を確立していました。

当時の貴婦人は腋にミョウバンを塗っていたらしいです。

なぜ、ミョウバンがワキガに効果があるかと言うと、

  • 「金属イオン」が沢山含まれており、消臭効果を高める
  • 汗腺を収縮させ、制汗効果を高める

・・・と言う効能があるからです。

 

ミョウバンの効果
制汗作用 細胞を引き締め汗を抑える
消臭作用 匂いの元であるアンモニアを消し去る
殺菌作用 酸性化で菌の繁殖を抑える

 

ミョウバンでワキガを改善した体験談が多い!

ワキガに限らず、ミョウバンで悪臭が消えたと言う体験談は本当に多いです。

  • つけた翌日からワキガの臭いが消えていた
  • ペットのおしっこにふりかけたら無臭になった
  • 旦那のクサい足の匂いが消えた

などなどなど・・・

別の記事でも書きましたが、私の知り合いも、ミョウバンで腋臭が改善しています(^◇^)

私はミョウバンをそのまま使って失敗した!

実は、私もミョウバンを試してみたことがあるんです。

しかし、当時の私には、ミョウバンを水に溶かしてスプレーするなんて知識がありませんでした。

ですので、直接、ワキに擦り込んでしまったんです。

すると、腋が痛くて痛くてしょうがない・・・なんか激痛が走るんですよ。

実は、ミョウバンの粒子って八角形で尖っているため、そのまま使うとチクチクしちゃうんですね。

・・・結局、こんな痛いのやってられないと思って、挫折してしまったんです。

「ミョウバン水」にすれば効果がある!?

ミョウバン療法ですが・・・ ちゃんと水に溶かしてスプレーすればワキガに効果があります。

何といっても、ミョウバンは「制汗作用」と「消臭作用」を備えた優秀な自然素材なんですからネ。

皆さんがミョウバンを使う時は、ちゃんと水に溶かして「ミョウバン水」を作ってください。

ミョウバン水の作り方

ついでなので、ミョウバン水の作り方を解説しておきますね。

準備するもの

  • 焼きミョウバン50g(スーパーなどで売ってます)
  • 1.5リットルの空ペットボトル
  • 温めた水道水

ミョウバン水の作り方

  1. まず、ペットボトルに50度位に温めた水道水を1.5リットル入れます。
  2. 焼きミョウバン50gを入れます。
  3. 軽くシェイクします。
  4. 30分程度寝かしておきます。
  5. 出来上がったミョウバン水は原液として使います。
  6. ミョウバンの原液や薄めた水は冷蔵庫で保存してください。
注意
  • ミョウバンが水に溶けにくいようでしたら、1日ほど置いておきます。
  • 使用する時は、原液を10倍程度に薄めてワキに擦り込むか、スプレーしてください。

ミョウバン系のデオドラント「デオナチュレ」も良いです!

・・・いかがでしょうか?

「ミョウバン水」は、一度作って保管しておけばOK.

あとは腋にスプレーするだけで、簡単にワキガ対策ができてしまいます(^◇^)

・・・えっ?ミョウバン水を作るのが面倒臭い?

そんな人は、「デオナチュレ」を試してみてはいかがでしょう?

こちらは、ミョウバン系のデオドラント商品なのでなかなか良いですよ!

 

 

こちらも参考にどうぞ!

「デオナチュレ」クリスタルストーン(わきが)使用体験記