この世には色々な体質の方がいらっしゃます。

生まれ持った「先天的体質」のため、どうしてもワキの匂いが際立ってしまう方もいらっしゃるのです。

wakikko

先天的体質タイプ(野生児タイプ)

生まれつき「腋の匂い」が激しい人は、野生動物と同じです。

「フェロモン性能」が発達している可能性があります。

 フェロモン性能とは?

「フェロモン性能」という名前は私が勝手に名づけたのですが、つまり、「匂いを使ったコミュニケーション能力」のことです。

野生動物はこの「フェロモン性能」が発達しています。

野生動物にとって「匂い」は重要なコミュニケーション手段

野生動物にとって「匂い」はとても重要なコミュニケーション手段です。

例えば、スカンクなどは強烈な匂いを発することにより敵の攻撃心を喪失させてしまいますし、また、オス山羊は匂いを発することによって、メス山羊の排卵を誘発させると言われています。

さらに犬の世界で言うと、子犬は「仔犬フェロモン」という匂いを発することによって、他の犬から攻撃を受けないようにするそうです。

「仔犬フェロモン」は相手をリラックス状態にさせるらしいのですが、確かに子犬を抱いていると誰もがリラックスした状態になりますよね?

このように、野生動物は「匂い」を使ってコミュニケーションをとっているのです。

現代では「フェロモン性能」は理解されない

しかし、「匂い」を使ったコミュニケーションは動物だけではありません。

人間にもこのような能力が発達している人がいます。

体臭をコントロールすることによってコミュニケーションをとることのできる「特別な能力」を持つ人々です。

ところが、文明化し過ぎてしまった現代においては、この匂いのメッセージはまったく理解されません。

・・・それどころか「腋臭(ワキガ)」として差別されてしまいます。

これは本当に悲劇としか言いようがありません。

このタイプのワキガの原因

このタイプの人達の腋臭の原因は・・・

  • 野生のDNAを受け継いでいる
  • 言葉ではなく「匂い」でコミュニケーションをとる
  • 体質が野生動物に近い

・・・と言ったところとなります。

このタイプのわきがを改善する方法

このタイプの方は野生的なだけに、コミュニケーションが苦手で無口だったり、会話下手だったりすることが多いでしょう。

つまり、言語を使うのではなく、無意識に「匂い」を使ってコミュニケーションをとろうとしてしまうのです。

そのため、どうしても言いたいことを言語化せずに、ワキから匂いを発してしまいます。

「言語」でコミュニケ-ションを取るようにしよう!

私個人としては、このタイプのワキガは無理に治す必要はないと思うのです。

なぜならこのタイプの方は「フェロモン性能」が発達しており、現代人が喪失してしまった「特殊能力」を使うことができるレアな人たちだからです。

しかし、どうしても治したいのであれば、なるべく「言語」を使ってコミュニケーションをとるように心がけることです。

言語によって意思表示ができるようになってくると、自然に「匂い」というコミュニケーションツールを使わなくなってくることでしょう。

そうすればだんだんとワキの匂いはしなくなって来るはずです。