「うわぁ~部長の口・・・くっさぁーー!!」

口臭って、被害者になっても加害者になってもイヤなものですよね?

このコーナーでは、あなたと周りの人たちのコミュニケーションをいとも簡単に断絶させてしまう罪深き「口臭」についてお知らせします。

koushuu

 

知らなかったではすまない!口臭の6つの原因!

それでは、まずは、口臭の原因を見て行きましょう。

口臭には大きく分けて6つの原因があります。

1.歯の隙間の食べカス

歯と歯の間には、食べ物のカスが詰まります。そして、歯ブラシでもなかなか掃除できないです。
歯と歯の間の食べカスが発酵すると口臭を発生させます。

2.舌苔

舌苔(ぜったい)とは、舌の表面にへばりつくネトネトした老廃物です。

朝起きた時、舌がネバネバしませんか?・・・それが舌苔です。
舌苔に関しては、色々と言われていますが、これは内臓の老廃物が舌の表面まで出て来たものだと、私は考えています。

3.歯の詰め物

虫歯の後に銀歯を詰めたりしましたよね?

・・・実はその治療がいいかげんだと、歯と詰め物の間に隙間ができてしまい、そこから食べ物のカスが入って発酵してしまうのです。
これは激烈な匂いになります。

4.胃下垂

胃下垂の人は食べたものがなかなか消化されません。

・・・何せ食べ物が腸に流れて行かないのですからね。
そうするうちに胃の内容物が発酵してしまい、口から悪臭を放つようになります。

5.食べ物

食べた材料が臭いと、当然、強い口臭がします。ネギ、ニラ、ニンニク、添加物入りのお菓子などなど・・・。

添加物には臭いものがあります。お菓子ばっかり食べていると口が臭くなります。

6.鼻腔の汚れ

意外に見逃しがちなのが鼻腔。特に鼻と口が繋がっている部分(口の奥上部)です。
ここに汚れや老廃物がたまっていて、微妙に息が臭い人もいるのです。

 

・・・では
次回は、これらの口臭の原因にどういう対策をすれば良いのか?を解説して行きますね。