私が「わきが疑惑」を持たれたのは、小学生の頃です。

 

 wakikko

お袋は小学生だった私のワキガを心配していた!

ある日、お袋が、風呂上りの私をタオルで拭いていた時のこと・・・

ふいに、お袋は怪訝な表情を浮かべ、私の腋の下をクンクンと嗅ぎ出したのです。

私は、そんなことをされたのは初めてだったのでビックリしました。

そして、お袋は「うん、大丈夫」と独り言を言って、私に服を着るよう促しました。

それ以来、お袋は私の腋の下を嗅いでは、「うん大丈夫」とか「あ~、ちょっとこれは・・・」などと言い始めたのです。

小学生の私は、「ワキガ」なんて言葉さえ知らなかった

小学生の私は、この世に「腋臭(わきが)」なんてものがあるなんて、まったく知りませんでした。

ですので、なぜお袋はこんな事をするのか、本当に理解ができませんでした。

そうこうして、数ヵ月経つと、お袋は

  • 「あんたは汗臭い」
  • 「早くお風呂に入りなさい」
  • 「ちゃんと着替えて」

などと、小言を言い出すようになりました。

「若いから新陳代謝が激しいの。だから汗臭いんだよ。」 

確かに、私は運動をしたり、部活動などで汗をかきます。

だから、「汗臭いんだろうなあ~」と思っていました。

でも、あまりにしつこく言われるとなんだか腹が立ちます。

そこで、ある時、お袋に文句を言ったことがあったのです。

その時、お袋は、反発する私を憐れむように見つめ、こう言ったのです。

「若いから新陳代謝が激しいの。だから汗臭いんだよ。」 

「そうか、ボクは汗臭いのか。だけど、それは新陳代謝が激しいせいなんだ。若いせいなんだ。」

・・・私はそう納得しました。

お袋は小学生だった私の心を気遣ってくれていた!?

・・・しかし、実は、お袋は小学生の私を傷つけないために、最大限の気を使ってくれていたのでした。

私のワキガを「新陳代謝」という言葉に巧みにすり替え、小学生だった私の繊細な心を保護してくれていたのでした。

そういうわけで、私は、自分が「腋臭」だなんて思いもせず、何の悩みもなく高校生まで過ごしたのです。