結局、私は、高校生になっても、大学生になっても、自分の腋臭(わきが)に気づかずに過ごしました。

私が自分の腋臭に気づいたのは彼女ができてからでした。

そして!

なんと、驚くことに私の彼女は腋臭好きだったのです。

 

lovewaki

私の彼女はワキガ好きだった!?

彼女にワキをかがせたら、ぶっ倒れた・・・・

きっかけは、私が「なんかオレ汗臭くないか?」と、彼女に聞いたことでした。

彼女は「どれどれ?」と言いながら、私の腋に顔を近づけました。

その瞬間!彼女は「臭あっっっっっ!!」と雄叫びを上げながら、もんどり打ってぶっ倒れたのです。

それ以来、彼女は何かと私のワキを嗅ぐようになる・・・

それからと言うもの、なぜか彼女は、何かと私の腋を嗅ぐようになりました。

  • 飯を食った後に嗅ぐ
  • TVを見てる時に嗅ぐ
  • 車の運転中に嗅ぐ・・・

車の運転中なんかにワキを嗅がせると、「臭っっっっっっ!」と車内で飛び上がり、車内ミラーに頭をぶつけたりするので、本当にキモを冷やしました。

「ワキガは愛すべきポイントだ」とカン違いする

この時からでしょうか・・・「ワタシは腋が臭い」ということを意識し始めたのは。

しかし、幸か不幸か、彼女がワキガ好きだったので、私は、ワキガというものは「決して嫌われるものではない」と思いこんでしまったのです。

むしろ「愛すべきポイント」なのだと、とんでもない思い違いをしてしまったのでした。

私は彼女から「ワッキー」というあだ名をつけられ、のんきな20代を過ごしていました。

 

 

最初からご覧になりたい方はコチラ!

ワキガとの戦い!(小学生編)