私が自分のワキガに悩み始めたのは、2人目の彼女と出会ってからです。

 

 nioi

1人目の彼女はワキガ好きだったのに・・・

最初の彼女はワキガ好きでした。

ですので、私の腋臭はむしろ「ポイントが高かった」のです。

私がワキを嗅がせてあげれば、彼女は臭がりながらも喜ぶのですから、今思うと相当変わったカップルですよね?

でも、この彼女のお蔭で、私は自分のワキガをこれっぽちも悩むことはなかったのです。

2人目の彼女からはワキガを拒絶された・・・

しかし・・・2人目の彼女はそうはいきませんでした。

ことあるごとに

  • 「汗臭いよ」
  • 「臭いなあ」
  • 「風呂入んなよ」
  • 「ワキガだから洗濯物は一緒に洗わない」
  • 「ちょっと向こう行ってよ、ワキガが移る」
  • 「クッセー」

・・・などなどなど、ワキガであることを嫌がられ、拒絶され、責められたのでした。

私のワキガは世間様に大迷惑をかけていた!

この時から私は、

  • 自分が「ワキガ」という症状を持っている。
  • そのため、他人様に迷惑をかけている。
  • それどころか嫌がられている!

・・・ということをはっきりと認識し始めたのでした。

それだけではありません。

数々の謎が解けてゆきました。

  • 電車で隣に座った女性が、困ったような顔をして別の席に移動していった謎
  • タンクトップで喫茶店に入ったら、店主があからさまに迷惑そうな顔をした謎
  • ソープランドでシャツを脱いだ瞬間、嬢が「うわ~」というような表情でのけぞりかけた謎

・・・・明らかにこれらのリアクションは、私の腋臭(ワキガ)が原因だったのです。

 

 

最初からご覧になりたい方はコチラ!

私のワキガ体験談!(小学生編)