前回、ワキガを改善するためには「なるべく裸足で過ごすと良い」という事をお伝えしました。

今回は更に一歩進めます。

土の上を裸足で歩くこと(アーシング)によって、ワキガを治すことを考えてみたいと思います。

 

アーシングでワキガが改善する!?

では、アーシングは、どんな原理でワキガを改善してゆくのでしょうか?

 

スポンサーリンク



アーシングとは?

アーシングとは、土の上を裸足で歩き、体内の静電気や老廃物を体外に出すことです。

簡単に言うと、土の上を裸足で歩くと、足の裏から老廃物が排出されるのです。

裸足で土の上を歩くと、なぜ老廃物が排出される?

では、なぜ裸足で土の上を歩くと、老廃物が排出されやすくなるのでしょうか?

砂療法の力

皆さんは、砂に潜って体の毒素を抜く「砂療法」と言う健康法をご存じですか?

夏の海水浴場で砂に埋まり、あまりの気持ち良さにグッスリ眠ってしまった経験がある方も多いと思います。

あれは、身体が砂に接することにより、体内から老廃物が排出されているのです。

砂や土には「分解力」「還元力」がある!

実は、砂に潜るのは「砂療法」と言って、病気の治療に使われるくらい効果があるものなのです。

なぜそんなことが可能なのでしょうか?

それは、もともと土や砂には、生物の体内から毒素を排出する力があるからなのです。

土や砂に埋められた物は、最終的に無機物に分解されてしまいますよね?

そういう「還元パワー」を土や砂は持っています。

野生動物は土の治癒力を知っている!

アーシングは、そんな力を持つ「土の上」を裸足で歩きます。

ですので、体内の老廃物をドンドン排出することができるわけです。

ちなみに、病気になった野生動物は、土に寝そべって何日もじっとしているそうですね。

動物は、土に不思議な治癒力があることを、野生のカンで知っているのです。

アーシングで、体内の静電気も放出される!

土の上を裸足で歩くことによって排出されるのは、老廃物だけではありません。

体内に溜まっている静電気も放出されます。

体内静電気はワキガにも良くない!?

実は、人間の体内には静電気が溜まりやすいのです。

そして、体内に溜まった静電気は血液にも帯電し、その結果、血液がドロドロになります。

血液がドロドロになると、体内を浄化する能力がてきめんに低下します。

そんなわけですから、体内静電気はワキガにも良くありません。

裸足で歩けば、体内静電気が抜ける!

しかし、土の上を裸足で歩くことによって、この体内静電気が抜け、血液がサラサラになります。

その結果、ワキガも改善しやすくなる・・・私はそう考えています。

 

 

・・・そんなわけで、ワキガの人はアーシングを試してみましょう。

もちろん、足が臭い人にもオススメですよ。