ワキガな私が、今一番注目しているものに「温泉療法」があります。

もちろん、ただ温泉に入っていれば、ワキガが治るわけではありません。

しかし、内臓の不調がワキガの原因になっている人は多いです。

そのような人は、温泉療法によって内臓が健康になれば、ワキガが改善してくる可能性があるのです。

 

温泉の効能でワキガは治る?

温泉の効能は、以下が考えられます。

  • 内臓の浄化
  • デトックス
  • 未知の効果

これらは、ワキガを治す可能性があるのでしょうか?

内臓の強化

ワキガの原因の多くが「内臓の不調」から来ています。

温泉は、人の内臓を強化し、不調を治してくれます。

ですので、内臓の不調でワキガになっている人は、温泉療法でワキガが改善される可能性があります。

デトックス効果

普通のお風呂では、なかなか身体の芯から暖まることはありません。

しかし、温泉は人の身体を「遠赤外線効果」で芯から温めてくれます。

すると、体内の奥に溜まっている老廃物が体外へ排出されやすくなります。

身体に溜まって老廃物が原因でワキガになっている人は多いものです。

そういうタイプの方にとっては、温泉がワキガを改善するきっかけになる可能性があります。

未知の治癒力

何千年も昔の水がマグマに熱せられ、ミネラル豊かな岩盤を通り抜け、地上に噴出したものが温泉です。

この奇跡のお湯にどのような効能があるのか?・・・これは、まだ現代科学では解明できていません。

特にラジウムラドンを含んでいる「放射能泉」は、未知の効果を秘めています。

ですので、温泉はワキガにとっても未知の治癒力を秘めていると思います。

温泉の種類別効能

 では、温泉にはどのような種類があり、どのような効能があるのでしょうか?

温泉の種類 効能
単純泉 含有成分があまりない。刺激が少なく、効能もさまざま。
二酸化炭素泉 炭酸ガスが溶けていて細かい泡が出る。血管の拡張が強まるので血圧が下がる。毛細血管を拡張、血液循環の促進、血圧低下作用
炭酸水素塩泉 無色透明で肌をなめらかにする効果がある。「重炭酸土類泉」と「重曹泉」がある。重曹泉は皮膚を柔らかにして汚れをとるので、「美肌の湯」とも呼ばれている。皮膚病に効果がある。
塩化物泉 海水の成分に似た食塩を含んでいる。保温効果抜群。温熱効果によって血行が良くなる。「熱の湯」とも呼ばれている。
硫酸塩泉

古くから「傷の湯」とも呼ばれ、カルシウムを含む石膏泉、ナトリウムを含む芒硝泉、マグネシウムを含む正苦味泉の3つに分けられる。血液に多くの酸素を送り込む作用あり。

含鉄泉  飲用すると鉄分の補給になる。人間の造血作用に欠かせない重要な成分、皮膚からもよく吸収される。
硫黄泉 血管を拡張させる作用があります。硫化水素は有毒なので換気が不可欠。黄白色の沈殿物は「湯の花」と呼ばれる。
酸性泉  刺激が強いので皮膚の弱い人には危険。抗菌力が優れている。慢性的な皮膚病の治療などに利用される。
放射能泉  微量の放射能を含み、ラジウム泉、ラドン温泉とも呼ばれている。ホルミシス効果(微量の放射能は人体に良い影響を与える作用)があるとされる。
湯の中から放出されるラドン(気体)は呼吸とともに体内に取り込まれる。

参照:日本秘湯を守る会、東北な温泉

「放射能泉」は未知の効能がある!?

数ある温泉の中で私が注目をしている温泉は放射能泉です。

これは、別名「ラジウム温泉」あるいは「ラドン温泉」などと呼ばれており、お湯の中に微量の放射能が含まれています。

微量の放射線は、「ホルミシス効果」と言って、人体に良い影響を与えると言われています。

まだまだ、放射線に関しては解明されていないことが数多くあります。しかし、私は、「放射能泉」には未知の力があるのではないかと考えています。

・・・と言うわけで、現在、私は、ワキガの治療実験のため、近くのラジウム温泉に通っている所です。

何かわかったら、このブログで報告しますね。

 

ワキガは放射能泉(ラドン温泉)で改善するのか?