ワキガを自力で治したい・・・

そんな方のために、このコーナーでは、

ワキガにとって「水」がどれほど大切なものなのか?・・・を解説します。

 

mizu

 

スポンサーリンク



「飲み水」でワキガは改善する?

このブログでは常々、ワキガを治すには「体質を変える必要がある」ということを述べてきました。

ワキガそのものは病気ではありません。

病気なのは「身体」であり、ワキガとは身体からのSOS信号なのです。

ですので、ワキガを治すのに、ワキガそのものを治療しても効果は期待できません。

ワキガを治したいのなら、根本から「体質の改善」をする必要があるのです。

体質改善は「水」から!

では、どうすれば、根本から体質を改善できるのでしょうか?

一番大切なのは「水」です。

なにせ、人体の60%~70%は水でできています。

水は人間の体質に大きな影響を与えているのです。

ところで、皆さんは、その大切な水が、今、とても汚れているのをご存じでしょうか?

水道水は危ない?

最近、「水道水の危険性」が取り上げられることが多いですよね?

もちろん、水道水が全て危ないわけではありません。

しかし、場合によっては、色々な有害物質が含まれている可能性があります。

塩素、トリクロロエチレン、シマジン、硝酸態窒素などなど・・・。

まずは、これらを一通り知っておきましょう。

塩素

塩素はどのような水道水にも含まれています。

塩素は殺菌もしますが、身体を酸化させる恐れがあります。

このため、皮膚に良くありません。

また、殺菌作用により、腸内の善玉菌をなくしてしまう恐れがあると言われています。

ちなみに、塩素は、トリハロメタンという「発がん性物質」を発生させることが知られています。

トリクロロエチレン、シマジン

「トリクロロエチレン」は工場から排出される洗浄剤、「シマジン」は除草剤です。

これらは、上流にある工場や、農薬を撒く畑などから水道水に混入します。

もちろん、化学薬品ですから、身体への悪影響があります。

硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)

硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)は、肥料から発生する有毒物質です。

主に化学肥料の使い過ぎによって、水道水やミネラルウォーターに混入します。

硝酸態窒素は、ヘモグロビンを酸化させ、人間に酸欠を引き起こします。

アメリカでは、ホウレンソウに含まれる硝酸態窒素によって、赤ちゃんが中毒した事件などがありました。

その他

その他、ビルやマンションの水道水には注意が必要です。

貯水槽の老朽化などにより、有害物質が混入していることが指摘されているからです。

ビルやマンションの水質には十分注意が必要です。

質の悪い水はワキガを招く!?

・・・以上、水道水に「有害物質」が含まれる可能性を解説しました。

人の肝臓や腎臓は、体内の老廃物を処理しています。

しかし、水中の有害物質は、その機能を低下させます。

その結果、処理できない老廃物がそのままワキから排出されるようになります。

つまり、質の悪い水を飲んでいると、ワキガを悪化させてしまう可能性がある・・・このように私は考えています。

良質な水を飲んでワキガを改善しよう!

人体の60~70パーセントは水でできています。

水が「人体に及ぼす影響」は想像以上のものがあるのです。

何度も申し上げている通り、ワキガを治すためには、根本から体質を改善する必要があります。

そのためにも、毎日飲んでいる「水」を見直してみる必要があるのです。

水を変える⇒体質が変る⇒ワキガが改善する!?

もちろん、「水を変えればただちにワキガが治る」・・・というような単純なモノではありません。

しかし、私は、「水を変えた⇒体質が変った⇒ワキガが改善した」という好転反応を、実際に身を持って体験しています。

水を変えることで、あなたのワキガが好転して行く可能性は十分にあります!

ぜひ、良い水を飲んでワキガを改善してゆきましょう!