「親から子供にわきがは遺伝しますか?」

・・・きっと、そんな悩みを抱えている親御さんも多いことでしょう。

このコーナーでは「ワキガは遺伝するか?」

この問題を考えてみます。

 

わきがは遺伝するのか?

遺伝にはまだまだ謎が多い

ワキガは遺伝するのか?

この問いに答えるのは非常に難しいです。

なぜなら、遺伝に関してはまだまだ謎が多いからです。

私はこの記事を書くにあたり、1年もの間大いに悩みましたが、未だに結論が出ていません。

ですので、私が述べることはあくまで仮説でしかないことをあらかじめ断っておきます。

ワキガは遺伝する!?

結論として、確かにワキガは遺伝すると思います。

実際、私の身近なワッキーの方々も、ご両親のどちらかがワキガの人が多いです。

片親がワキガの場合、「どちらの体質を受け継ぐか?」が勝負の分かれ目!?

たとえば、テディーさん一家を例に取ります。

姉であるテディーさんはワキガですが、妹さんはワキガではないそうです。

これはテディーさんがワキガのお父さんの体質を受け継いだからです。

(テディーさんはお父さん似です。)

そして、ワキガではないおかあさんの体質を受け継いだ妹さんは、ワキガにはなりませんでした。

(妹さんはお母さん似です。)

この例からわかるように、片親がワキガの場合、「どちらの体質を受け継ぐか?」が勝負の分かれ目となってきます。

両親ともワキガの場合、高確率でワキガを受け継ぐ!?

では、両親ともワキガだった場合、その子どもはどうなるのか?

・・・ワキガになる可能性が高いと思います。

両親ともワキガだと、その子どもは高確率でワキガ体質を受け継ぐからです。

ただしガッカリしないでください。

冒頭でも申し上げた通り、遺伝に関してはまだまだわからないことが多く、確定的ではありません。

ワキガが遺伝する可能性は高いですが、そうならないケースも往々にしてあるのです。

両親ともワキガでない場合でも安心はできない!?

では、両親にワキガが発症していない場合、子供は安心でしょうか?

実はそうとも言えません。

例えば、お父さんはワキガではない、しかし、水虫だったとしましょう。

この場合、子供にその水虫体質が遺伝して、ワキガとして発症することもあります。

父の「水虫体質」を受け継ぎ、ワキガになった私

ちなみに、私、腋ノ下薫はこのケースです。

うちの両親はワキガではありませんでした。しかし、私は高度のワキガになりました。

それはなぜか?

私が父の水虫体質を受け継ぎ、ワキガとして発症したからです。

皆さんは「水虫とワキガがどういう関係にあるの?」って疑問に思うかもしれません。

しかし、水虫もワキガも体内に老廃物が溜まりやすいと言う点では同じです。

そういう体質が、水虫になる場合もあるし、ワキガになるケースもあるのです。

ワキガ体質が遺伝してもワキガにならないケースもある!?

先ほど、ワキガ体質は遺伝すると申し上げました。

しかし、それにより、ワキガが必ず発症するとは限りません。

なぜなら、ワキガは、体質+環境要因で発症すると言えるからです。

ですので、いくらワキガ体質であっても、食生活などの環境要因が良ければ、ワキガにならないケースもあるのです。

油断禁物!ワキガ体質の遺伝がなくとも、ワキガになるケースもある!?

ただし、ワキガ体質の遺伝がなくとも、ワキガになるケースもあります。

たとえワキガ体質の遺伝がなくとも、あまりに環境要因が悪ければ、ワキガになる可能性がでてくるのです。

一例を上げれば「暴飲暴食」や「肉食過多」です。

そういう食生活の乱れがワキガを引き起こすことがあります。

ですので油断はしないようにしてください。

 

子供へのワキガ遺伝を心配するのはやめましょう!

冒頭で申し上げた通り、「自分のワキガが子供に遺伝して、子供もワキガになってしまうのではないか?」と心配している親御さんも多いと思います。

しかし、それは取り越し苦労です。

先ほども申し上げた通り、遺伝に関しては謎が多いです。遺伝のシステムは複雑で、決して一筋縄ではゆかないものです。

ですのでいくら親がワキガでも、子供がワキガになるかどうかなんて本当は誰にもわからないですし、また、それをコントロールすることも不可能です。

私たちは、ワキガの遺伝に関しては無力なのです。

ですので、生まれてくる子供のワキガを心配するのはもうやめましょう。