最近は、匂いがあること自体が「悪」であるという風潮があります。

なにかと言うと「臭い、臭い」と連呼する人がいます。

最近の禁煙運動の異常なほどの盛り上がりやホームレスへの度を越した排斥圧力なども同じ穴のムジナです。

とにかく、人が持っている「自然な匂い」まで排除しようという異常なムーブメント! これはきわめて不自然であり由々しき問題です。

waki

 

体臭自体に罪はない!

そもそも匂い自体に「罪」はありません。体臭があることは「悪」ではありません。

体臭は誰にでもあるのですし、その香りのバラエティー、匂いの強弱、・・・など色々な個性があってしかるべきです。

人間だけが「匂い」にうるさい

人間の100万倍の臭覚を持つワンちゃんでさえ、飼い主がどんな体臭を持っていたとしてもイヤな顔ひとつ見せません。

人間だけが、やれ腋が臭い、やれ体臭がキツイ、やれ足がクサイ、やれ口臭がヒドイ、と口うるさいのです!

本当にどうにかならないものでしょうか!

でも、ワキガは早く治しましょう!

しかし・・・、かく言うわたくし腋ノ下薫も、体臭がクサイ人は苦手です。

その場からなるべく早くランナウェイしたくなります。

世間は冷たいけど、やはり正直なものなんですね・・・。

ですので、人を体臭で差別するのは確かに良くないことですけど、ワキガは早く治して欲しいなって思うんです。