大学生の頃・・・Tシャツに染み込んだ腋汗が、とんでもなく\クサイ臭い/を発散していました。

困った私は、脇汗パッドを試してみたんです。

 

wakiase

脇汗パッドでワキガを防げる?

昔の脇汗パッドはゴツかった!

実は、80年代当時の脇汗パッドはすごくゴツかったんです。

購入した脇汗パッドを腋にはめてみたものの、ゴワゴワして違和感が凄いのです。

常に「腋に脱脂綿の固まりを挟んでます!」って感じが意識から抜けませんでした。

神経質な私は、それが気になって外出する気にもなりません。

・・・結局、私の脇汗パッド初体験は挫折してしまいました。

脇汗パッドの発想自体は悪くない

しかし、腋パッドの発想自体は悪くないと思うんです。

そもそも腋臭の匂いが拡散する大きな要因としては、

  1. 腋に汗をかく
  2. 服に汗が染みる
  3. 服に染みた汗が体温により揮発する
  4. 匂いが拡散する

という単純な原理があります。

ですので、「服に汗を染みこませず、匂いを封じ込める」というシンプルな発想は理に適っていると思うわけです。

現在の脇汗パッドなら品質向上しているはず!

80年代当時は、色々と便利なものが開発されましたが、まだ「試行錯誤」の時代でした。

ですので、アイデアは良くても品質が悪いということが往々にしてありました。

しかし、今の脇汗パッドは、かなり品質が向上しているはず!

そもそも脇汗パッドは、理に適った商品です。

ですので、品質が向上しさえすればワキガを防ぐ強力な武器になります。

脇汗パッドは汗シミには効果的!

ワキガの人が一番気になるのは、やはり脇の汗シミではないでしょうか?

以前、NHKのアナウンサーの脇汗が凄くて、視聴者からクレームが殺到した事件がありました。

ワキ汗に対する世間の拒否感は、ほとんど「魔女狩り」に近いものを感じます。

アナウンサーなどは、極度の緊張の中で仕事をしているのですから、腋に汗をかくのはあたりまえだと思うのですが・・・。

とは言え、やはり「脇の汗シミ」に気をつけるに越したことはありません。

そんな時、効果を発揮してくれるのが「脇パット」です。

脇汗パッドを選ぶ際の注意点

では、念のため、脇汗パッドを選ぶ際の注意点を述べておきます。

自分に合ったタイプを選ぶ

脇汗パッドには色々なタイプがあります。

  • 服に貼り付けるタイプ
  • ブラジャーや肩に取り付けるタイプ
  • 直にワキに貼るタイプ

それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自分の目的に合わせてセレクトしてくださいね。

「脇汗パッド」のメリット・デメリット

服に貼り付けるタイプ

 

メリット
  • 服の脇に「汗シミ」がつかない。
  • 肌を塞がないので健康的。
デメリット
  • 付けるポイントがズレると効果がない。
  • ズレてくるものがある。

ブラジャーや肩に取り付けるタイプ

 

メリット
  • 洗えば繰り返し使える。
デメリット
  • 大きい、ゴツイ。
  • 違和感を感じることがある。
  • 周りに察知される恐れがある。

直にワキに貼るタイプ

 

メリット
  • 目立ちにくい
デメリット
  • 粘着力が弱く、はがれやすいものがある。
  • カブレることがある
  • 「皮膚呼吸」がしにくくなる。

 

・・・以上となります。

脇汗パッドは、商品レビューを良く確認し、自分に合ったものをご購入くださいね。

皆さんのワキガが改善することを祈っています!