ワキガの人にとって、特に重要なファッション・アイテムは下着・肌着(インナー)です。

これらのアンダーウェアーは常に腋と接しているわけですから、その重要性は計り知れません。

インナーの良し悪しによって、

  • ワキの臭いが拡散するのか?
  • あるいは収まるのか?

・・・が決まってくるのです。

 

natu

ワキガの人はインナーに注意

ワキガの下着・肌着・・・注意点

ワキガの人が下着・肌着で注意する事は以下の3点です。

透湿性

「透湿性」とは吸い取った湿気を外へ放出する性能のことです。

下着・肌着の透湿性が悪いとムレムレになってしまいます。

ですので、ワキガの人は吸湿性・透湿性の良いインナーを着る必要があります。

吸水性

吸水性とは、文字通り「水分(汗)を吸収する性能」です。

下着・肌着の吸水性が悪いと、汗でワキがベトベトになります。

ワキガの人は、吸水性の良いインナーを着る必要があります。

肌触り

インナーの肌触りは意外に重要です。

素材が荒いと肌が刺激され、ワキはイヤな臭いを発散します。

ワキガの人は、柔らかい肌触りの下着・肌着を着る必要があります。

 

スポンサーリンク



ワキの臭いを抑えるベストな「インナー」とは?

下着や肌着が、腋にダイレクトに影響を及ぼすことがわかりましたね?

では、ワキガにとってベストなインナー素材は何でしょうか?

「上質な綿素材」がベスト!

やはり、綿(コットン100%)はワキガにとって王道です。

綿は吸水性が良く、透湿性に優れています。

ワキガの人の下着・肌着にはコットン100%はベストです。

「レーヨン+綿」素材も意外に良い!?

ワキガーのインナーは、柔らかくて上質な綿素材であれば文句はありません。

しかし、ファッション上級者の方には「レーヨン・綿」の混合素材にもトライして頂きたいです。

  • 透湿性が高い。
  • 吸水性が高い。
  • 肌触りが良い。

「レーヨン+綿」は、この3つの条件を満たしており、ワキガの肌着として相応しい素材です。

レーヨンは肌になめらか

レーヨンは吸湿性・放湿性がとても良く、ワキを快適な状態に保ってくれます。

また、シルクのように肌触りがなめらかなので、ワキに余計な刺激を与えません。

更に、レーヨンは土に還るナチュラル素材なので、素肌につけていても安心です。

レーヨン50%+綿50%がオススメ

しかし、レーヨンは少々重たい素材です。

そのため、レーヨン100%だと、着た感じが重くなってしまいます。

そこで、レーヨン50%+綿50%などの混合素材をオススメします。

高級なインナーを購入しよう!

私も下着は、だいたい上質な綿素材あるいはレーヨン50%+綿50%を使っています。

着心地がいい上に、ワキの臭いもさほど気にならず、とても快適です。

でも安物はダメですよ!

しかし、何度も申し上げているように、いくら上記の素材でも「安物」はダメです。

たいてい安物は何らかの着心地の悪さがあり、ワキガを発生させます。

インナーこそが、皆さんのワキガを制する\最重要ポイント/なのです。

ですので、出費を惜しまず高級品を購入しましょう。

 

 

 

・・・というわけで、

ワキガに悩む方の下着・肌着は、「上質な綿素材」あるいは「レーヨン・綿の混合素材」をオススメします。

ちょっと奮発して、高級品を購入してみてくださいね。