夏は、ワキガーにとって\脅威の季節/です。

何しろ、ハンパなく汗をかきますから、シャツに汗が染み込み強烈なワキガ臭がするようになります。

皆さんも、自分のワキガ臭で自己中毒を起こし、頭がクラクラすることがありますよね?

このコーナーでは、このようなシャツの汗の臭いを防止する方法を解説します。

 

natu

ワキガにとって、Tシャツの2枚使いは基本です!

ワキガの人にとって夏は本当にヤバい季節です。

大量の汗をかくので普通のファッションをしていては命取りになります。

そこで提案するのはTシャツの2枚使いです。

ワキガの人は、臆面もなく肌着をチェンジして行くこと!

夏は大量の汗をかきます。

ですので、ワキガの人はマメにTシャツを着替えて下さい。

午前中、汗をかいたら、昼休みにTシャツを替えます・・・すると、午後イチは臭くありません。

しかし、夕方にはまた臭くなるでしょう・・・そうなったらまたTシャツを替えます。

要は、汗をかいたら、どんどんTシャツを替えて、臭いの染みついた肌着をチェンジして行くのです。

Tシャツは何枚使ってもOK!

夏のワキガ対策は、Tシャツの2枚使い・3枚使いは常識です。

場合によっては5枚も6枚もTシャツを使っていいんです。

洗濯物は大変になりますが、これでかなりワキガの臭いの拡散を防げます。

Tシャッツの複数枚使い・・・極めてシンプルな方法ですが、効果は絶大です!

着替えはトイレでチャチャっと済ませよう!

とは言え、いつ着替えれば良いのか?・・・困りますよね?

ちょくちょくロッカールームに出入りしていては怪しまれます。

そこで、トイレに行く時に着替えてしまうことをオススメします。

バックの中に小さく折りたたんだTシャツを忍ばせておき、個室でサッと着替えます。

これで、怪しまれずに汗臭いTシャツを着替えることができます。

 

・・・いかがでしょう?

Tシャツ2枚使い・・・腋臭の人だけでなく、夏に大汗をかく人も、ぜひ試してみてくださいネ。