ワキガの人にとって、どんな油を摂るかは、ことのほか重要です。

このコーナーでは、「ワキガの人が注意するべき油」とはどんな油なのかを解説したいと思います。

shokuji

ワキガにとって注意すべき油

ワキガの人は「動物脂」を控えよう!

基本的に、脂肉はワキガの人にとって天敵です!

なぜなら、肉の「脂分」と言うものはワキガを悪化させる可能性があるからです。

肉の脂分は人間の体内で固まる?

動物は人間より体温が高い

実は、牛や豚や鶏は、人間より体温が高いです。

  • 牛の体温⇒38.0~39.5℃
  • 豚の体温⇒38.5~40.0℃
  • 鶏の体温⇒41.0~42.0℃

・・・といった具合です。

人間の体温では動物脂は溶けにくい!?

そして、人間がこれらの脂肉を食べると、体内でその脂分が固まってしまうという説があります。

なぜかと言うと、牛の脂分は牛の体温である38度以上にならないと溶けないからです。

同じように、豚は39度以上、鶏は41度以上・・・つまり、その動物の体温以上にならないと、その動物の脂分は溶けないのです。

ちなみに、人間の体温は約37度であり、動物よりも低いです。

・・・つまり、人間が動物の肉を食べると、その脂分がなかなか溶けないと言うことになるのです。

焼肉が冷めた後の「白い油の固まり」が人の体内に残る・・・このようなことが、動物肉を食べると起こり得るわけです。

固まった脂は、ワキから排出される?

さて、では、人間の体内で脂分が固まってしまうと、人間の身体はどういう反応をするのでしょうか?

これは私の想像なのですが・・・、ワキガ体質の人は、なるべく体温を上げた上で、その脂を体外に排出しようとするのではないかと思うのです。

私は、その排出口が「腋」なのではないか?と考えています。

ワキガ体質の人が動物肉を食べるとワキガ臭が発生しやすい!?

もしそうであるならば、ワキガ体質の人が動物肉を食べると、体温が上がり、腋に汗をかき、腋が脂っぽくベタベタし、ワキガ臭が発生することになります。

もし、この説が正しいとすると、腋臭の人はなるべく肉食を減らす必要があります。

少なくとも、動物脂の摂取を減らすだけで、ワキガはかなり改善する可能性があるのです。

魚の油ならワキは臭くならない?

では、魚の油はワキガにとってどうなのでしょうか?

実は、魚の体温は12~19℃なので、人間の体内に入れてもドロドロに固まることはありません。

ですので、魚の油がワキガを発生させる原因になる事はまずないと言えるでしょう。

つまり、腋臭の人にとっては、魚は食べても大丈夫と言えることになります。

ワキガにとって注意すべき植物油

では動物脂ではなく植物油は大丈夫でしょうか?

実はそうとも言えません。

動物脂だろうが植物油だろうが、油の質が悪ければ、ワキガを発生させる可能性が十分にあります。

特に、以下の油には注意が必要でしょう。

化学精製された油

植物油と銘打っていても、実際は化学精製された油があります。

これは自然の油ではないので身体が拒否反応を示す可能性があります。

そうなると、腋から油汗が出る原因になりかねません。

ですので、植物油も良く吟味して購入するべきです。

特に、原材料や抽出方法には注意を払って下さい。

本当は、自然食品店でしっかりしたものを購入するのが一番でしょう。

酸化した油

酸化した油は身体に悪いですし、匂いも臭いです。

いい加減な中華料理店や揚げ物屋などでは、古くて酸化した油を使っている事が多いです。

ワキガの人は十分に注意して下さい。

遺伝子組換え油

遺伝子組換えの原料を使っている油に関しては、まだまだ安全性についての議論がされ尽くしていないのが現状です。

遺伝子組換え自体、「人間の身体にどのような影響を及ぼすか?」が、まだ完全には解明されておらず、発展途上の分野です。

ワキガの人は十分な注意と警戒が必要です。

 

・・・と言うわけで、

ワキガーな私達にとって、身体の中に入れる油は人一倍大切です。

しっかり原材料を確認して質の良い油をセレクトしてくださいね。

ゴマ油がオススメ

私は和食にはゴマ油を使っています。

意外においしいんです(^◇^) !

そのように変えてから、心なしか腋の匂いが軽減したように思います。

もちろん、合う合わないがありますので、自分の体質に合った油を見つけてみてくださいネ。