以前の記事にも書きましたが、

私がワキガの嫌疑をかけられたのは小学生の時です。

母は小学生だった私の腋をクンクンと嗅いでは、ケゲンな表情を浮かべていました。

kokoro

 

小学生と言えば、身も心もフレッシュなはず。

そんな私のフレッシュなワキは、なぜ母の表情を歪ませるほど臭くなってしまったのでしょうか?

そこには必ず何らかの原因があったはずです。

そこで私は、当時の記憶をたどり、小学生にしてワキガになってしまった原因を探り出してみました。

小学生にしてワキガになった原因とは?

ワキガの原因として考えられるものは、

  • 遺伝
  • 体質
  • 生活形態
  • 食事
  • ストレス
  • 内臓異常

・・・などです。

これらを一つ一つチェックして行けば、小学生の私がワキガになった原因がわかるはずです。

「ワキガ」になった疑惑の原因

①遺伝

ウチはワキガの家系ではありませんでした。

母も父もワキガではありませんでした。

ですので、直接的にワキガの遺伝はなかったと思います

・・・しかし、父は水虫でした。

もしかしたら、「水虫⇒ワキガ」という遺伝があったのかもしれません。

②体質

父が水虫だったので、私も同じ体質を受け継いでいた可能性があります。

水虫とワキガの違いは、老廃物を「足」から出すか「ワキ」から出すかの違いです。

根本的に「老廃物をちゃんと処理できない」という体質は同じです。

その体質を私が受け継ぎ、「ワキガ」として発症してしまった可能性があります。

③生活環境

ウチは毎日お風呂に入る習慣がありました。

また、母が潔癖症でしたので、私は毎日着替えを怠りませんでした。

キレイ好きすぎるほどの生活環境だったと言えるでしょう。

ですので、生活環境によって私がワキガになったとは考えられません。

④食事

小学生当時、私の大好物は焼肉でした。

父には、よく内緒で焼肉屋に連れていってもらったものです。

私はカルビが大好きでバクバクと食べていました。

また家では、よく母に「焼肉」のリクエストをしていました。

豚のしょうが焼きが大好きだったのです。

今から思うと、小学生のわりに「肉を食べ過ぎ」だったと思います。

これが、小学生にしてワキガを発症する原因だったと思います。

⑤隠す心

ウチの母は何かと神経質で、すぐ怒る人でした。

そんなこともあってか、それとも、もともとの性格だったのか・・・私は自分の悪い部分を隠す子供になってしまいました。

「隠蔽体質」です。

今から思えばそうなった頃から、腋にイヤな汗をかくようになった気がします。

小学生だった私のワキガの原因とは?

結局、小学生だった私の「ワキガの原因」は、何だったのでしょうか・・・?

「体質遺伝」

父の水虫体質がワキガとして遺伝してしまった事が考えられます。

「肉食過多」

一番ダイレクトに影響を及ぼしているのは、やはり肉食過多でしょう。

いくらフレッシュな小学生と言えども、肉食し過ぎると、内臓が老廃物を処理しきれません。

その結果、老廃物が腋から垂れ流されてしまうのです。

その「ワキガ・ルート」が小学生の頃に確立されてしまったのでしょう。

「隠す心」

また、私の「隠す心」がワキガの原因でもありました。

今だからわかりますが、隠蔽体質の人はワキガになりやすいのです。

隠しごとをすると、結局ワキからその匂いが漏れ出てしまうのです。

小学生は「肉食過多」に気をつけよう!

と言うわけで、私のワキガの原因は

  • 「体質遺伝」
  • 「肉食過多」
  • 「隠す心」

・・・が考えられます。

この中で、小学生をお持ちの親御さんに特に注意して頂きたいことは肉食過多です。

いくら食べ盛りとは言っても、そもそも日本人の体質は肉食向きではないのです。

小学生のうちから「肉食」のクセをつけさせてしまうと、処理しきれない老廃物がワキから流れ出し、ワキガになってしまう可能性が高いのです。

ですので、子供には、なるべく和食を中心にした食事を習慣付けることが大切だと思います。