ワキガを治したい方は、お風呂をうまく利用すると良いです。

ワキガの原因は、体内に溜まった老廃物です。

老廃物は、お風呂の入り方を工夫することによって、体外に排出することができます。

 

mizu

お風呂でワキガを改善する!

では、「ワキガを改善するための入浴方法」について語ってゆきます。

お風呂の目的は、老廃物を外に出すこと!

まず「お風呂とは何のためにあるのか?」ということをご説明します。

お風呂とは、体表の汚れを落とすためにあるのではありません。

体内に溜まっている「老廃物」を外に出すことが本当の目的です。

本来、お風呂とは「デトックス」のためにあるのです。

お風呂は究極のデトックス!

人間は体内に老廃物がたまると、腋から老廃物を出すようになります。

ですので、老廃物がたまり過ぎると「ワキガ状態」になってしまいます。

この手のワキガを改善するにはお風呂はもってこいです。

お風呂は、うまく入ると究極のデトックスになるのです。

 

スポンサーリンク



ワキガを改善する入浴法

それでは、ワキガを改善する入浴法をお伝えします。

重ね重ね申し上げますが、ワキガを改善するには、溜まっている老廃物を体外へ出す必要があります。

以下を意識してお風呂に入ってみましょう。

シャワーだけで済まさない

当然ですが、単にシャワーを浴びるだけではいけません。

それでは、体の表面の汚れが落ちるだけで、体内の老廃物は排出されないのです。

じっくりとお湯に浸かる

お湯に浸かるという行為は、体に水圧をかけるということです。

お風呂の中は予想以上の水圧がかかっています。

このため、細胞内の老廃物が絞り出されてくるのです。

お湯にミネラル豊富な塩を入れる

ミネラルたっぷりのお湯に浸かると、細胞がそのミネラルを吸収しようとします。

その結果、お風呂の中で「体液交換」のようなものが行われ、老廃物がどんどん排出されるようになります。

ほんとうは海の水に浸かるのが一番良いのです。

しかし、良い塩を使うことで非常に高いデトックス効果を得られます。

私は「リ・コエンザイム ビオソルト」(別名:リコエンザイム・スパ・ソルト)を毎日お風呂に入れています。

寝る前にお風呂に入る

お風呂は寝る前に入るのが基本です。

入浴後に就寝すれば、老廃物が排出されたスッキリした状態で睡眠を取れます。

ですので、身体の疲れが良く取れるのです。

朝風呂は身体の疲れが取れにくい

そういう意味では、朝風呂は良くありません。

朝風呂の方は、老廃物が溜ったまま寝ていることになるので、身体の疲れが取れにくいのです。

また、人間の体は入浴すると、その後数時間は老廃物を出し続けます。

ですので、お風呂に入ったら、しばらくはゆったりした時間を過ごすことが必要です。

しかし、朝風呂ですと、その後、出勤の支度などで忙しく動き回らなければなりません。

そうすると、体がじっくりと老廃物を排出し続けることができないのです。

ですので、やはり、お風呂は夜寝る前に入るのがベストなのです。

たまには熱いお湯に入る

一般的には、ぬるいお湯に長時間入ることが身体にいいとされています。

しかし、たまには熱いお湯に入ることで、いつもとは違うデトックス効果が得られます。

体内の温度を普段以上に上げることで、普段排出されない老廃物が排出されることがあるのです。

ふくらはぎや足の裏をマッサージする

ワキガは身体に老廃物が溜まることで発生します。

老廃物が一番溜まりやすいところは「足」です。

湯船に浸かりながら、ふくらはぎや足の裏をマッサージしましょう。

すると、老廃物が排出されやすくなります。

 

・・・いかがでしょうか?

このように入浴法を工夫することで、ワキガを改善することが可能です。

地道な方法ですが、継続することで効果がどんどん出てきます。

ぜひ試してみてください。