カレーを食べるとワキが臭くなる・・・でも、やっぱりカレーが食べたい!

本日は、そんな方のために、ワキが臭くならないカレーの作り方(レシピ)をお知らせします。

ワキが臭くならないカレーの作り方

まず、なぜカレーを食べるとワキが臭くなるのか?をご説明しますネ。

脂・肉・スパイスがワキを臭くする

なぜカレーを食べるとワキが臭くなるのでしょうか?

それは、カレーの

  • 油脂
  • スパイス

・・・が原因です。

油脂

市販のカレーのルウには、たっぷりと動物性油脂が使われています。

牛脂、豚脂など・・・

このような動物性油脂はワキガには不適当です。

ワキが脂臭くなる可能性があります。

カレーは肉を大量に使いますよね?

やっぱりこれはワキガには良くないのです。

肉の大量摂取はワキガを加速させてしまいます。

スパイス

スパイスは刺激臭があります。

これがワキから排出されると、やはり刺激臭がします。

 

スポンサーリンク



ワキが臭くならないカレーの作り方

では、ワキが臭くならないカレーの作り方をお伝えします。

とは言え、やはりカレーはスパイスを使いますので、ある程度の臭いはガマンしてくださいね。

材料

質の良いルウを使う

カレーのルウは、食用油脂(牛脂、豚脂)などを使っていないものが良いです。

なるべく自然に近い材料を使って作られたルウを使いましょう。

私も自然素材のカレールウを使っています。

あっさりしてて美味しいです。

ワキもそれほど臭くならないように感じます。

 

 

ツナ(水煮)を使う

ワキガの人は、なるべく肉を使わないようにしましょう。

ワキガは、肉を食べるとどうしてもワキが臭くなってしまいます。

ですので、カレーの具にはツナを使います。

ツナ缶は油漬けではなく、水煮を使うと脂っこくならないので良いです。

 

 

キノコなど色々な野菜を使う

しかし、肉を使わないと、カレ-の味にコクがなくなりますよね?

ですので、キノコやインゲンやトマトなど、色々な野菜を入れましょう。

ダシが出て美味しくなります。

ちなみに、カレーに使う基本の野菜は、タマネギ、ニンジン、じゃがいもです。

この3つは、はずさないようにしましょう。

ちょっとしたテクニック

月桂樹(ローリエ)の葉っぱを入れて煮込む

月桂樹(ローリエ)の葉は、肉や魚介類の臭みを消してくれます。

ですので、カレーには月桂樹の葉を入れると良いです。

材料を煮込む際に2~3枚入れ、ルウを入れる前に取り出します。

あまり長く煮込むと苦味が出ますので注意しましょう。

浮いているアクや脂を取り除く

材料を煮込んでいる時に浮いてくる、アクや脂を取り除きます。

アクは不純物などが多いので、それを取ることでカレーがおいしくなります。

また、脂を取ることでワキガの負担が減ります。

 

・・・以上、ワキガ臭くならないカレーの作り方でした。

これをするだけで、ワキの臭いが少し違ってきますよ。

カレーが食べたいんだけど、ワキガが心配・・・

そんな方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

完全、植物素材!これ、美味しいです(^◇^)