ワキガの人にとって、意外に重要なのが服装(ファッション)です。

服のセレクトはとても大切です。

服のセレクト次第で、ワキガの臭いの強弱が決まってしまうからです。

 

fashon

ワキガの服装(ファッション)

では、ワキガの人はどのような服装をすれば良いのでしょうか?

まず、ワキガの人が「絶対に着てはいけない服」とはどんなものかを考えてみましょう。

 

スポンサーリンク



ワキガの人にとって避けるべき服

安物の服

最初に断言しておきたいのは、「安物の服はだめだ」ということです。

安物は、

  • 素材が悪い
  • 生地の織り方が悪い
  • 染めが悪い

・・・ですので、蒸れて汗をかきます。

ワキガの人は、安物の服を着るのを避けた方が無難です。

通気性の悪い服

ワキガの人にとって、通気性の悪い服は「百害あって一利なし」です。

また、実際に着てみて、息がつまるような感じがする服はダメです。

その服は皮膚呼吸をさまたげているのです。

皮膚呼吸がしづらいと、体はワキからも呼吸しようとします。

すると、ワキの匂いが拡散してしまうことに繋がります。

通気性の悪い服は

  • ナイロン素材
  • ポリエステル素材
  • ナイロンやポリエステルを何割か含む素材

です。

ワキガの人は、このような服をセレクトするのは絶対に避けましょう。

身体が緊張する服

体を締めつけるデザインだったり、固い素材であったりすると、当然、体も緊張します。

そして、緊張は体に「悪い汗」をかかせます。

ワキガの人は、固い素材や窮屈なデザインの服はなるべく避けるようにしましょう。

染めのキツい服

服は、染め方によって蒸れ方に違いがあります。

インナーは、あまり染めのきつくないものを選ぶのが無難です。

特に色の濃いTシャツなどは、たとえ素材が綿であろうと、まるでペンキを塗ったように蒸れるものがあるので注意してください。

安物のTシャツには、十分な注意が必要です。

ワキガの人に良い服

では、ワキガの人は、どんな服装をすると良いのでしょうか?

やわらかくて上質な綿素材

腋臭の人は

  • 蒸れない服
  • 汗の吸収が良い服

・・・が良いです。

素材は上質な綿(コットン)がオススメです。

汗を素早く吸収するやわらかい綿がグッドです。

同じ綿でも、固くて吸収の悪い綿はダメですので気をつけてください。

 ※インナー(肌着)はレーヨン+綿の素材も、意外に良いです。

Tシャツの値段は1万円くらいのもの

Tシャツは一枚1万円くらいのものをセレクトするのが無難です。

シャツも1万円以上、セーターは2万円以上、ジャケットは3万円以上・・・上を見ればキリがないですが、ワキガの人はこれ位の予算は覚悟しましょう。

良いものはそれなりの値段がするものです。

しっかりした品質のものを選べば、蒸れることもなく、体が緊張することもないので、驚くほどワキの匂いが軽減します。

 

スポンサーリンク



ワキガの服装(ファッション)・・・その他の注意

重ね着をしよう!

いくら暑くても「タンクトップ一枚」などというファッションは論外です。

周囲の人に甚大な被害を与えるのは目に見えています。

また、「Tシャツ一枚」もタブーです。

やはりワキガの匂いは漏れてきます。

ワキガの人は、重ね着をしましょう。

たとえ真夏でも、

  • Tシャツ+ジャケット
  • Tシャツ+サマーセーター
  • Tシャツ+長袖の上着

・・・というような工夫を怠ってはなりません。

 

 

どうしても、暑くてTシャツ1枚になりたいと言う場合は、しっかりとデオドランドをしておきましょう。

自分に合ったブランドの服を身に着ける!

また、自分の体質に合った服を見つけたら、そのブランドの服ですべて固めるようにしてみてください。

体質に合ったブランドを身に着けることによって、びっくりするほど腋臭の匂いは半減する可能性がありますよ。

試着を恐れない!

以上・・・いろいろ述べてきましたが、服は実際に着てみないと良し悪しがわかりづらいです。

ですので、たとえワキガであろうとも、引っ込み思案にならず店頭で試着をしてみてください。

しかし、試着の際は、匂いを残さないようにサッと羽織る位にしておきましょう(>_<)

 

 

ワキガの服装について、以下もご参照ください。